スポンサードリンク

畳の裏返し?とは


表替えっていえば、畳表がささくれだってみっともなくなったり、汚れやシミが目立ってきたときに表面だけを張り替えることですね?

では、「畳の裏返し」ってなんでしょうか?


畳表は、表と裏の両面使用できます。

そこで、現在ついている畳表を一旦はずします。

外した畳表を裏返して貼り直して、新しい縁を付けて仕上げるんですね。


新しい畳表は両面同じ色をしています。

畳を敷きこんだ後、裏側は表側に比べて光を受ける量が少ない分褪色が遅くなります。

まだ裏側がきれいなうちに裏返しをすることで、一枚の畳表をきれいに長く使えるという訳です。

費用対効果の点から中級クラスの畳表の場合でいうと、新しい畳を敷き込んでから3年目くらいが効果的といわれますが、新しい畳でも水気のものをこぼしているとシミとなって現れることがあり、必ず裏返しができるとは限らないそうです。


長期間経った畳を裏返ししても、しないよりは良いようですが、褪色代がほとんど残っていない場合が多いため、すぐに裏返し前の色にヤケてしまうそうです。


ちなみに、裏返しの価格は、表替えの3分の1程度という値段のこともあるそうですよ。

安くできるんですが、なかなか畳の裏返しまでされる人は少ないような気がします。

posted by 畳掃除の達人 at 21:00 | 畳のお手入れ(メンテナンス)方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スタイロ畳とダイケン畳の違い


よくスタイロ畳とかって聞きませんか?

実はコレ、ある会社が作ったの商品名のことです。

元々、スタイロというのはダウ加工(株)というメーカーが作ったもので、発泡スチロールを真中に挟んだ畳のことだったんですね。


以前、稲作の機械化によって、を作るのに必要な長いワラの入手が困難になった時期があります。

コンバインなどで稲を刈り取る際には藁(わら)は短くカットされてしまうんです(今の若い人は知らないかもしれません、収穫の現場に行くと一目でわかりますよ)。

更に高度成長期の建築ラッシュも重なって畳床が足りない状況になった時、発泡スチロールをワラにサンドウィッチにした畳を開発したのが、スタイロ畳です。

スタイロ畳はそれまでの普通の畳と比べると軽くて、建築現場でも高い階層へ運ぶのにもひそかに職人さんの労力軽減になって、喜ばれていたのでは?とも言われているようです。


ちなみに、スタイロフォームはザ・ダウ・ケミカル・カンパニー/ダウ化工(株)の商標です。

そしてダイケン床は(株)大建工業が作った木質系ボードの商品名です。


今では最下層まで発泡スチロールを使うこともあります。

それらの畳を総称して建材床と呼んでいます。


そして意外なことに聞こえるかもしれませんが、畳屋さんにスタイロ畳とか、ダイケン畳と注文しても畳屋さんはどれの畳のことを言っているのか分からないそうです。

行き違いが起こらないようにしないといけませんね?

posted by 畳掃除の達人 at 13:28 | たたみについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

表替えで畳が新品同様に!


表替えとは畳の表面の畳表(たたみおもて)、足で踏む面を入れ替えることですね?

の上面(畳表や畳縁)の痛みが激しくなった場合の加工方法で、畳表や畳縁を新しいものと取り換えます。

しかし、畳床(畳の芯にあたるのが畳床といい、畳の機能や性能を大きく左右する重要なところです、普段は目に触れる機会のない隠れた場所です)は現在使用中の物を修繕し、そのまま使用します。

つまり、畳の表面だけが新品になるイメージですね。


たたみが傷んできたり、表面のささくれやシミ、汚れが目立ってきたら表替えすることがあると思います。

畳のへたり具合は、畳床によって左右されるようです。

畳床がしっかりしていれば(畳を歩いた時に、柔らかすぎるとか、畳と畳の段差がないとかであれば)表替えをすることで畳(の外観)は甦ると思います。

逆に、畳床がへたっている場合は表替えだけでは済まないということ。


表替えの価格の幅はかなりあるみたいですが、値段の差はそのまま材料の差でありたいものです。

参考になるのは、今までの畳表の感触。

表替えするのに、今までのものでも差支えないのであれば、同等品を選べばよいでしょう。

もう少し良いものが欲しいとなればワンランク上の畳表が必要になります。

ちなみに、表替えをしたは最初の一年は特に、カビが発生しやすいので気をつけましょう。

posted by 畳掃除の達人 at 11:29 | 畳のお手入れ(メンテナンス)方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

簡単!畳の手入れ方法、たった5分でリフレッシュ


のイメージってどんなですか?

掃除や手入れが面倒で、貧乏くさい・・・、これは民家でのイメージでは?

旅館や温泉地での畳のイメージは?

同じ畳なのに、何が違うんでしょう?


それは、畳の手入れの仕方ではないでしょうか?

ここでは、自宅の畳をたった5分でリフレッシュ、サッパリとした畳にする方法を伝授しましょう。

とはいっても、やり方は超が付くくらい簡単です。

用意するものは、「お湯」と「タオル」。

たったそれだけです。

お湯は少し熱めの方が水分を早く蒸発させられて、畳の”い草”にはいいですし、べたつきの原因の皮脂汚れを溶かし取るという効果が期待できます。

タオルは雑巾でもいいですが、可能であればキレイなタオルを使います。

気分的な問題だけではなく、タタミにどのくらいの汚れが付着していたかが分かります。

リフレッシュ方法は、本当に簡単です。

畳クリーニングの基本は、畳の目に沿って拭く。

これだけです。


用意した熱めのお湯にタオルを浸して、かために絞ったら畳の目に沿って吹き上げていきます。

拭き上げのスピードの目安としては6畳程度の広さで、約5分程度です。

そんなに慌てなくても良いのですが、ちんたらやってると思いのほか時間が経っているって感じですね。

これだけの掃除でも数年たった畳でも、イ草の香りがふんわりと漂ってくることもあります。

多少の毛羽立ちもタオルで拭き上げると意外と取れるので畳表のザラザラもある程度ならされて綺麗に。

たった五分、たったこれだけでさっぱりとしたになり、気分も爽快です、お試しあれ!

タグ:手入れ い草
posted by 畳掃除の達人 at 16:54 | 畳のお手入れ(メンテナンス)方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

洗える畳の実力とは?


洗える!?


昔から畳といえば、水気厳禁、雑巾での水拭きすらアウトっていうものが常識だったんですが、今は畳ですら洗えるものがあるんですね。

本来タタミは、畳自身のクッション性、断熱性、湿度コントロールなど様々な役割があり、昔から日本の住宅にはなくてはならないものとして重宝されてきたように思います。

しかし、近年の住宅事情といえば、を置く和室すら無い家もあるほどです。

畳の機能性はとても素晴らしいものですが、反面水や湿気に弱いという欠点があり、水分の多いところでは使用が出来ませんでした。

湿気や水分に強くなった洗える畳のお陰で、今までは使えなかったところ・・・、洗面所、お風呂場の脱衣室など従来では考えられない場所への使用が可能になっているようです。

臭いもつかなくて、色あせの心配もなく・・・、畳ではない別の物のようですね(笑)?


お風呂場の脱衣室が、想像してみてください。

とても優雅な光景が目に浮かんできませんか?

実際には、かなりの断熱効果が期待できるそうで、ヒートショックなどの死亡事故の軽減も期待できるとか。


さらに老人介護の現場に付き物の下の問題やペットの汚物処理など、天然の昔ながらのでは交換、買換えしか方法がなかった問題を解決してくれそうですね。

posted by 畳掃除の達人 at 14:09 | たたみについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

畳の掃除に重曹は使えません


をはじめ、草で編んだラグや、無垢のフローリング(白木)など天然素材で出来ている床の清掃には、重曹は使えないと思ってください、危険です。

重曹を用いた掃除方法はエコにもつながるので近年の環境ブームのなかで秘かな流行となっていますし、昔からの重曹ファンのかたも多いと思います。

しかも重曹は何にでも使える万能お掃除洗剤のように思われがちですが、実はそうではないんですね。

重曹と、の(天然)素材に含まれる「たんぱく質」とが反応して化学変化を起こします。

すると、変色。


重曹とタンパク質とが反応して出来た変色は汚れではないので、落ちない汚れのように見えますし、二度と元には戻ることがありません。

重曹はあらゆる場所に使える万能の魔法の粉とまで言われます。

シミとりや臭い取りにも効くといいますが、こと畳掃除に関して言うとNG、やってはいけないことなのです。


重曹掃除での失敗の代表例が、「畳を掃除してしまって変色」というもの。


しかし今、実際に一般的に住居に使用されているは、「化学畳」と呼ばれる畳です。

藁(わら)なども使用していないため、普通に生活している分にはダニやノミが繁殖してしまう心配ってそれほどありません。

つまり掃除も簡単な方法でよく、固く絞った雑巾を使った「湯拭き」程度で充分です。


posted by 畳掃除の達人 at 17:03 | いろんな汚れの落とし方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

畳の値段


畳の値段って、いくらくらいするんでしょうか?


普段あまり畳を購入する機会も少ないはずなので、パッと価格が出てこない方がほとんどでしょう。

新しい畳を購入する際の値段は、大体ですが畳一畳(つまり1枚)で約1万円位と思っておきましょう。

ただし、この10,000円という畳の値段は、化学床(畳は畳床と畳表を合わせたものです)の畳の場合です。

一般住宅での標準クラスであれば、この一万円程度の物が一番売れているとのこと。

予算の関係上、もう少し値段を抑えたいときや、建売住宅やハウスメーカーの家で多く使われているのが廉価版だったりします。

若干安いものが使われることもあるようですね。


逆に、高価なものは天然素材を使った畳床であれば、1.5倍以上かかるようですし、高級品になってくると一畳3万円というものまであるそうです。

ほかには、畳の表面だけを張り替えて、新品の畳のように見せる、表替えの参考価格は、格安では5千円くらいからあり、高級品では15,000円以上など、幅広いです。


畳は一度購入すると買換えなどはなかなかしないかもしれません。

正しい手入れを怠らずにいれば、いつまでも美しさと香りを維持できるようです。


posted by 畳掃除の達人 at 16:07 | たたみについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水拭きできる畳


の掃除といえば、ほうきで掃くことと、乾拭きというのは昔の話・・・。

今では水拭き出来る、商品名ですがセキスイの美草(みぐさ)が水拭きができるタタミで、キレイが長持ち、いつまでも健康、安心・安全というキャッチフレーズの畳が出てきています。


ただし、天然のい草を使ったものではなく、ポリプロピレンという耐久性に優れる素材と、吸湿性炭酸カルシウムという天然の風合いをかもし出す無機素材を混ぜ合わせて作られた、人工の畳です。

燃やしてもダイオキシンなどの有害物質を発生しないので、環境にも配慮した畳というのが売り。


こんなであれば、汚れたら洗剤などを用いた拭き掃除ができるので、楽チンに汚れが除去できそうですね。


普通の畳は天然イ草のせいで、水をつけるだけでシミが出来ることもあるようですから、気軽に掃除することが困難というイメージです。

実際に、畳には重曹などのイメージが強いようですが、天然イ草の畳に、重曹を使うと変色し、二度と元通りにはならない畳になってしまい、後悔するという話が良くあるようですので、注意が必要でしょう。


ダスキンからは、除菌モップという濡れ雑巾みたいなものが発売されていて、畳の拭き掃除に使えるとかですが、厳密に言えば水拭きできる畳に使用可能ということなので、全てのには使えないようですね。

posted by 畳掃除の達人 at 14:58 | たたみについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

畳をタバコの灰で汚したら


に煙草などの灰をこぼしてしまったとき、どんな風に掃除しますか?

水拭きなんて絶対していけませんよね?

そんなことをしたら畳には灰の汚れ痕がずっと残ってしまうことになります。

かといって乾拭きしても残るし、掃除機をかけてもなかなかタバコの灰は完全には取れなくて困ってしまいます。

もちろん、ほうきで掃くのも残ってしまいます。


そんな時、畳屋さんなどで昔から知られている掃除方法なのですが、あるものを使うことで灰の回収の悩みは簡単に解決できます。

方法も難しくなく、どこの家庭にもある物を使います。


ここで使うものとは、「塩」です。

灰をこぼしたところに、塩をかるく撒いて少し手でなじませるようにした後、こぼした灰の汚れの周りを手を使ってトントントンと軽く叩くと、徐々に灰が塩に吸着されていくんですね。

少し塩がの上で踊るような感じの強さで叩いて見ましょう。

あまり強く叩くと塩が跳ねて飛び散ります。

すると白い塩が徐々にグレーに変化していきます。

これは、塩に含まれている微量の水分が灰を捕まえてしまうという現象を利用しているそうです。

最後にの目に沿って灰色になった塩に掃除機をかければ簡単に取れるようになっているので、汚れ(灰)を吸着した塩と共に回収します。


ちなみに、小麦粉や片栗粉でも同様の効果が期待できそうなんですが、粒子が細かすぎて畳の目に詰まってしまいやすいので適しているとは言えないそうです。

posted by 畳掃除の達人 at 16:51 | いろんな汚れの落とし方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

効果的な畳の日常的な手入れ方法とは?


の美しさを長く保つための効果的な手入れ方法にはどのようなものがあるのでしょうか?


まずは、やってはいけない方法の代表的なものに、「濡れ雑巾で拭く」というものがありますね?

ぬれ雑巾で拭くとのつや、光沢がなくなってしまいます。

は水を嫌うので、基本的には掃除機をかけ、乾いた雑巾で乾拭き(からぶき)する程度の手入れで十分ですが、汚れが気になるときは、固く絞った雑巾で拭いてもOKです。

掃除機をかけるときも、畳を拭き掃除するときも畳の目に沿ってが基本。

掃除機は、なるべくゆっくりとかけます。

あまり早く掃除機のノズルを動かしても十分に汚れを除去できません。

畳1畳につき、約1分程度の時間をかける位のスピードです。

結構ゆっくりだなぁ、と感じると思いますよ。

掃除機では、畳の中に潜んでいるアレルゲンを減少させ、増殖するのを防ぐ役割をはたします。


直射日光は畳表の退色・変色の原因になりかねないので、出来るだけ避けたほうが無難です。

また、天気の良い日は風通しを良くして、の湿気を取り除いてあげてください。

たったこれだけのことですが、普段の日常生活で、ちょっとした気遣いをするだけです。


それだけでも随分タタミのもちが違ってくるのではないでしょうか?

posted by 畳掃除の達人 at 21:43 | 畳のお手入れ(メンテナンス)方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。