スポンサードリンク
TOP> 畳のお手入れ(メンテナンス)方法

たたみの簡単ダニ予防法


結論から言うと、湿度を60%以下に保つことでダニの恐怖から解放されまが・・・。


現代のは昔のたたみと違い、ワラの畳床(たたみどこ)に天然い草畳表(たたみおもて)なんて代物は、もはや稀少品と言えます。

今のタタミというのは、化学畳とも言い換えられるように、発泡スチロール状の畳床を、ござで覆っているようなものです。


昔のたたみならばダニの棲みかにもってこいのイメージで、今のたたみは・・・?

というイメージですが、ダニは必ずいるものです。


特に気密性が高く、年間を通して部屋の気温が下がりにくい近頃の住宅事情では、ダニは年間を通して繁殖しやすい環境下にあります。

畳やじゅうたんの部屋にいるダニの生息数う、真冬でも塵1グラム中300〜400匹も!(梅雨の6〜7月のピーク時には、この2倍から2.5倍にも増えるというから驚きです)。


しかし、ダニは意外と乾燥に弱い生き物です。

ダニは脱水すると、数日から2週間程度で死滅してしまいます。

つまり、住居の”湿度コントロール”が、ダニの繁殖発生を予防するための重要なポイントになるのです。

ダニが棲めなくなる湿度は意外と高く、(相対)湿度にして60%以下で彼らは生きていけなくなります。

除湿機やエアコンの除湿機能を活用すればOKなんですね。

特に計画換気を導入し、湿気を吐き出さない暖房器具(FFヒーター、エアコン、オイルヒーターなど)を使用していれば、冬場は必ず低湿度になります。

つまり「ダニが出やすい」気密性の高い住宅ほど、それほど難しく構える必要はないということです。

posted by 畳掃除の達人 at 11:33 | 畳のお手入れ(メンテナンス)方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

畳の黄ばみ汚れの落とし方



畳掃除の基本は乾拭きです。


しかし、いくら水拭き出来ないとはいえ、空ぶきだけではやはり汚れは少しづつ蓄積されていってしまいそうですね?

たたみの汚れや黄ばみが気になってきたらどうやってきれいにすればよいか分かりませんね?


畳を美しく掃除するには、どこのご家庭にも必ずある、アルモノを使うんです。

それは、「」です。

酢は、汚れを取りやすくしたり黄ばみを防止する効果があります。

酢に含まれている漂白成分が畳を綺麗にしてくれます。

やり方は、酢を水で薄めた希釈液(酢水)を作ります。

少し酸っぱい匂いが残る程度で良いです。

数値で言うと、バケツ半分の水または、ぬるま湯におちょこ1杯分(スプーン3杯位)の酢。

その酢水で濡らした雑巾を、かたく絞って畳を拭くのです。

もちろん畳を拭くときは、畳掃除の基本である「目に沿って」を守りましょう。

酢の匂いが気になるときは量を調節してください、少なめでも大丈夫です。

ただし、畳のへり(縁)は変色する可能性があります、つかないように注意して拭いていきましょう。

最後に仕上げとして、乾燥促進を兼ねて乾いた雑巾でもう一度乾拭きします、カビが生えるよりはマシですね?

これで終わりです。

このほかに、タタミの黄ばみを取る方法には、ちょっとぜいたく抹茶使用方法や、みかんの皮を使う方法などがありますよ。

posted by 畳掃除の達人 at 20:58 | 畳のお手入れ(メンテナンス)方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

畳についた家具の凹みを消したい


の上に家具があったところは、凹み跡が出来ています。

お部屋の模様替えなどで、重たい家具を移動してずらしたら、みっともないヘコミ跡が目立ってしょうがない。(実は見えている人は、家の住人だけなんてこともありますが・・・)
でも、あきらめ切れない。


そんなときの解決方法があります。

用意するものは、たったの2つ。

熱いお湯で絞った雑巾とアイロンだけ。

凹み跡があるところに、熱いお湯で絞った雑巾をのせ、アイロンがけをするだけ。


もちろん限度はありますが、を蒸らすことで元のように膨らみを復活させることが出来るんです。

アイロンがけのあとは、そのままにしておくと、湿気でカビが生えやすく、い草も弱くなっていることもあるので、風通しを良くして水分をしっかり飛ばし乾燥を促進させなくてはいけません。

多少の凹凸であれば、このアイロンのお手入れ方法でなんとかなると思います。

さらに、霧吹きをお持ちの方であれば、へこみ跡にの色が変わる程度の水分を直接拭きかけてやり、それから雑巾をあて、アイロンがけをすると良いかもしれません。


ちなみに、凹み防止には家具を置くときには、畳の上にあらかじめ固い板を敷いておくと凹みが出来にくくなるので良いと思います。

posted by 畳掃除の達人 at 20:39 | 畳のお手入れ(メンテナンス)方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

畳の裏返し?とは


表替えっていえば、畳表がささくれだってみっともなくなったり、汚れやシミが目立ってきたときに表面だけを張り替えることですね?

では、「畳の裏返し」ってなんでしょうか?


畳表は、表と裏の両面使用できます。

そこで、現在ついている畳表を一旦はずします。

外した畳表を裏返して貼り直して、新しい縁を付けて仕上げるんですね。


新しい畳表は両面同じ色をしています。

畳を敷きこんだ後、裏側は表側に比べて光を受ける量が少ない分褪色が遅くなります。

まだ裏側がきれいなうちに裏返しをすることで、一枚の畳表をきれいに長く使えるという訳です。

費用対効果の点から中級クラスの畳表の場合でいうと、新しい畳を敷き込んでから3年目くらいが効果的といわれますが、新しい畳でも水気のものをこぼしているとシミとなって現れることがあり、必ず裏返しができるとは限らないそうです。


長期間経った畳を裏返ししても、しないよりは良いようですが、褪色代がほとんど残っていない場合が多いため、すぐに裏返し前の色にヤケてしまうそうです。


ちなみに、裏返しの価格は、表替えの3分の1程度という値段のこともあるそうですよ。

安くできるんですが、なかなか畳の裏返しまでされる人は少ないような気がします。

posted by 畳掃除の達人 at 21:00 | 畳のお手入れ(メンテナンス)方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

表替えで畳が新品同様に!


表替えとは畳の表面の畳表(たたみおもて)、足で踏む面を入れ替えることですね?

の上面(畳表や畳縁)の痛みが激しくなった場合の加工方法で、畳表や畳縁を新しいものと取り換えます。

しかし、畳床(畳の芯にあたるのが畳床といい、畳の機能や性能を大きく左右する重要なところです、普段は目に触れる機会のない隠れた場所です)は現在使用中の物を修繕し、そのまま使用します。

つまり、畳の表面だけが新品になるイメージですね。


たたみが傷んできたり、表面のささくれやシミ、汚れが目立ってきたら表替えすることがあると思います。

畳のへたり具合は、畳床によって左右されるようです。

畳床がしっかりしていれば(畳を歩いた時に、柔らかすぎるとか、畳と畳の段差がないとかであれば)表替えをすることで畳(の外観)は甦ると思います。

逆に、畳床がへたっている場合は表替えだけでは済まないということ。


表替えの価格の幅はかなりあるみたいですが、値段の差はそのまま材料の差でありたいものです。

参考になるのは、今までの畳表の感触。

表替えするのに、今までのものでも差支えないのであれば、同等品を選べばよいでしょう。

もう少し良いものが欲しいとなればワンランク上の畳表が必要になります。

ちなみに、表替えをしたは最初の一年は特に、カビが発生しやすいので気をつけましょう。

posted by 畳掃除の達人 at 11:29 | 畳のお手入れ(メンテナンス)方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

簡単!畳の手入れ方法、たった5分でリフレッシュ


のイメージってどんなですか?

掃除や手入れが面倒で、貧乏くさい・・・、これは民家でのイメージでは?

旅館や温泉地での畳のイメージは?

同じ畳なのに、何が違うんでしょう?


それは、畳の手入れの仕方ではないでしょうか?

ここでは、自宅の畳をたった5分でリフレッシュ、サッパリとした畳にする方法を伝授しましょう。

とはいっても、やり方は超が付くくらい簡単です。

用意するものは、「お湯」と「タオル」。

たったそれだけです。

お湯は少し熱めの方が水分を早く蒸発させられて、畳の”い草”にはいいですし、べたつきの原因の皮脂汚れを溶かし取るという効果が期待できます。

タオルは雑巾でもいいですが、可能であればキレイなタオルを使います。

気分的な問題だけではなく、タタミにどのくらいの汚れが付着していたかが分かります。

リフレッシュ方法は、本当に簡単です。

畳クリーニングの基本は、畳の目に沿って拭く。

これだけです。


用意した熱めのお湯にタオルを浸して、かために絞ったら畳の目に沿って吹き上げていきます。

拭き上げのスピードの目安としては6畳程度の広さで、約5分程度です。

そんなに慌てなくても良いのですが、ちんたらやってると思いのほか時間が経っているって感じですね。

これだけの掃除でも数年たった畳でも、イ草の香りがふんわりと漂ってくることもあります。

多少の毛羽立ちもタオルで拭き上げると意外と取れるので畳表のザラザラもある程度ならされて綺麗に。

たった五分、たったこれだけでさっぱりとしたになり、気分も爽快です、お試しあれ!

タグ:手入れ い草
posted by 畳掃除の達人 at 16:54 | 畳のお手入れ(メンテナンス)方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

効果的な畳の日常的な手入れ方法とは?


の美しさを長く保つための効果的な手入れ方法にはどのようなものがあるのでしょうか?


まずは、やってはいけない方法の代表的なものに、「濡れ雑巾で拭く」というものがありますね?

ぬれ雑巾で拭くとのつや、光沢がなくなってしまいます。

は水を嫌うので、基本的には掃除機をかけ、乾いた雑巾で乾拭き(からぶき)する程度の手入れで十分ですが、汚れが気になるときは、固く絞った雑巾で拭いてもOKです。

掃除機をかけるときも、畳を拭き掃除するときも畳の目に沿ってが基本。

掃除機は、なるべくゆっくりとかけます。

あまり早く掃除機のノズルを動かしても十分に汚れを除去できません。

畳1畳につき、約1分程度の時間をかける位のスピードです。

結構ゆっくりだなぁ、と感じると思いますよ。

掃除機では、畳の中に潜んでいるアレルゲンを減少させ、増殖するのを防ぐ役割をはたします。


直射日光は畳表の退色・変色の原因になりかねないので、出来るだけ避けたほうが無難です。

また、天気の良い日は風通しを良くして、の湿気を取り除いてあげてください。

たったこれだけのことですが、普段の日常生活で、ちょっとした気遣いをするだけです。


それだけでも随分タタミのもちが違ってくるのではないでしょうか?

posted by 畳掃除の達人 at 21:43 | 畳のお手入れ(メンテナンス)方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

畳をカビから守る方法


をいつまでも美しく保つ、(特に)カビを出さない、発生させない方法は、タタミの部屋を使ってあげることなんです。


意外かも知れませんが、新品のはカビやすいのです。


逆に古い畳のほうがカビにくいという事実。

畳のカビ対策には、こまめな換気と時々畳部屋を使うことが重要なんですね!


かびが発生する条件は、適度な温度と湿度はもちろんのこと、かびの餌、つまり栄養素が必要です。

畳は天然イ草が使用されていて、カビの栄養としては十分です。

しかも新しい畳ほど養分となる物質が豊富なのです。

畳のカビは温度が25度〜30度、湿度が80%以上で栄養分があるところによく育ちます。

更に風通しが悪いと好条件となってカビがよく増えます。

日本では、季節は春から夏がカビのシーズンですが、最近の住宅事情は昔と異なり、冬でも室温は高めで、結露も発生するという好条件が一年中保たれるので、カビにとっては一年中繁殖には好都合といえる環境が提供されています。

共稼ぎで部屋を閉めきっておく時間が長いご家庭は、カビにとっては絶好の環境です。

また、和室を使わない、大事にしすぎて閉めっぱなしも同じようにカビが発生しやすいのです。


時々和室()に風を通してあげましょう、掃除機をかけることも、畳に風を通すのと同様の効果がありますよ。

posted by 畳掃除の達人 at 13:44 | 畳のお手入れ(メンテナンス)方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たたみの掃除に重曹を使うのは


重曹は色々なところの掃除に役立つ薬品です。

ナチュラルクリーニングで、自然の力を利用して汚れを落とします。

マイルドな弱アルカリ性の洗浄力で素材を傷めにくく、そのまま水に流せる上、長期保存でも変質しにくいといいとこづくめなんですが、結論から言うと重曹は畳の手入れには使えません

なぜ重曹でタタミを掃除をしてはいけないのでしょうか?

は天然素材です。

重曹を使うと変色の原因になりかねないんですね。


たたみは基本的にはカラ拭き掃除をメインに行なうのが良いでしょう。

畳の黄ばみを予防すると言われる酢を使用する掃除も本当は極力避けたほうが良いと言われます。


ただ、やはり汚れ落しに乾拭きだけではなかなか思うようにきれいにならないので、どうしても水拭き掃除をしないと、いまひとつスッキリ感が出ないのも事実・・・。

そこで、たたみを水拭きするときのおすすめは、熱めのお湯を使って固く絞った(できればきれいな)タオル(雑巾でも良いですが、気分的な問題です)での目に沿って丁寧に拭きあげることがポイントです。

6畳くらいの広さで5分ほどもあれば終わるくらいな感じです。

水を使うより熱いお湯を使うほうが水分の蒸発が早く、いつまでもい草に水分が残存することを少しでも防げます。

更に、さわやかな良い天気の日、湿度の低い日(乾いた日)を選ぶことも重要です。


posted by 畳掃除の達人 at 15:59 | 畳のお手入れ(メンテナンス)方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

畳のカビダニ対策


にカビやダニが繁殖しやすい条件は、なんといっても高温多湿状態というのは、誰でも想像できることだと思います。

部屋を閉めきって換気していないのは論外ですが、家具や部屋の位置などで風通しが悪い場合は要注意。

畳の上に絨毯(じゅうたん)などを敷き詰めているのも、良く見る光景ですが、やはりダニやカビの温床となりやすいので、しないほうが良いでしょう。


洗濯物の部屋干し(室内干し)も同様で、湿度を上げてしまうので、注意します。

室内に湿気を発生させる要因(水槽など)も取り除きましょう。

梅雨時期から夏(6月〜9月)も高温多湿となるので、畳には過酷な環境下となっています。


見逃しやすいのが、建築物の構造上の問題で、床下に湿気がたまりやすいというのものもあります。

とにかく、カビやダニは栄養がないと繁殖しないのですが、以外にも新しいタタミには栄養(養分)が豊富にあるので、とてもカビ、ダニが発生しやすいと考えて良いです。


畳のカビダニ対策は、その反対のことをやれば良いわけです。

風通しを良くすることなどが最低限の必須条件となりますが、それだけでも随分除湿効果が期待できます。

掃除機を定期定期にゆっくりとかけてあげるのもいいですね。

ゆっくりとかけることで、畳の目に詰まったゴミやダニカビまで吸い取ってしまいますし、空気がとおり抜けることで、同じく湿度を下げる効果が期待できます。
posted by 畳掃除の達人 at 20:21 | 畳のお手入れ(メンテナンス)方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。