スポンサードリンク
TOP たたみについて >リビングに最適な置き畳

リビングに最適な置き畳

リビングでは落ち着きの空間を演出したいものですね?

そこで、リビング(最近の家はほとんどのリビングがフローリングです)に、くつろぎの空間を与えてくれるものの一つに、畳スペースが挙げられます。

があると本当に落ち着くものです。


今は昔と違い、畳敷きの床を素足で歩くこともなくなり、スリッパや靴下履きがあたりまえ、床()に座るのではなく、椅子に座るほうが多いと思います。

ですが、やはりリビング等では横に寝そべったり寝転んだりしてゆったりとくつろぎたいですね?

そんなときは、やっぱりちょっとした畳コーナーがあればいいと思いませんか?


ホームセンターなどでも売られている”置き畳”、”ユニット畳”があれば、あっという間に畳スペースが確保できるんです。

価格は様々で、本物の畳をそろえるよりも安価で済みますし、畳表のデザインや縁(へり)のあり/なしも選べるようです。

また、オーダーメイドの置き畳ユニット畳もあり、お部屋に合わせて自由に空間を演出出来ます。

また、冬の床冷え防止効果や、防音効果も期待できるのでメリットもたくさん。

賃貸マンションやアパートに住んでいて、部屋はすべてフローリングだが、賃貸なので改装は禁止されていて出来ない方にも畳の夢をかなえてくれます。

ただし、あまりに軽い商品では敷いていても、歩くだけでずれることもあるのでお勧めできません。

少々重みがあって、裏面が滑り止め加工されているものなら安心かもしれませんね。

posted by 畳掃除の達人 at 13:03 | たたみについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。