スポンサードリンク
TOP 掃除(そうじ)方法 >畳のカビを発見したときの対処方法

畳のカビを発見したときの対処方法


たたみにもカビが生えます、しかも気付くとかなりの量!


和室の一面にびっしりと薄く発生しているカビを目の当たりにすると、身の毛もよだつ思いをするほどですよ。

カビの発生条件はいくつかあるのですが、実はは見事にカビが生えるための条件を持つ素材で、畳自体がカビの栄養源ともいえるものなのです。


その栄養素とは畳表の素材、い草に豊富に含まれています。

新品の畳ほど多く含むため、カビ対策の注意がより必要と言われます。

タタミのかび発生タイミングは、梅雨時期から夏の蒸し暑い季節が一番要注意で、部屋を閉め切って、あまり使わない和室などは気付くともう手遅れなんてことにも!

万が一、不幸にもカビが出てしまって、発見したらすぐに拭き取ったり掃除したい!という気持ちもわかりますが、絶対にこすってはいけません。

擦ることでカビ菌やカビの胞子は畳の目の隙間に入り込んでしまい、取れなくなってしまうばかりか、隙間に入り込んだカビは更に増殖の機会を与えてしまうことになりかねません。

かといって、掃除機でのカビを吸いとろうとするのも考えもの。

掃除機の性能が良くなっているとはいえ、生きたカビを掃除機で吸いこむと排気と共に家中に広がってしまいます。

換気を良くしてから、マスク着用で消毒用エタノールをしっかりとスプレーしてカビを殺菌し、アルコールが乾いてからカビを掃除機で吸い取ります。

の目に入り込んでいるカビは取りにくいのでブラシなどで掻き出しながら掃除機で吸い取りましょう。

posted by 畳掃除の達人 at 11:21 | 掃除(そうじ)方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。