スポンサードリンク
TOP 畳のお手入れ(メンテナンス)方法 >畳についた家具の凹みを消したい

畳についた家具の凹みを消したい


の上に家具があったところは、凹み跡が出来ています。

お部屋の模様替えなどで、重たい家具を移動してずらしたら、みっともないヘコミ跡が目立ってしょうがない。(実は見えている人は、家の住人だけなんてこともありますが・・・)
でも、あきらめ切れない。


そんなときの解決方法があります。

用意するものは、たったの2つ。

熱いお湯で絞った雑巾とアイロンだけ。

凹み跡があるところに、熱いお湯で絞った雑巾をのせ、アイロンがけをするだけ。


もちろん限度はありますが、を蒸らすことで元のように膨らみを復活させることが出来るんです。

アイロンがけのあとは、そのままにしておくと、湿気でカビが生えやすく、い草も弱くなっていることもあるので、風通しを良くして水分をしっかり飛ばし乾燥を促進させなくてはいけません。

多少の凹凸であれば、このアイロンのお手入れ方法でなんとかなると思います。

さらに、霧吹きをお持ちの方であれば、へこみ跡にの色が変わる程度の水分を直接拭きかけてやり、それから雑巾をあて、アイロンがけをすると良いかもしれません。


ちなみに、凹み防止には家具を置くときには、畳の上にあらかじめ固い板を敷いておくと凹みが出来にくくなるので良いと思います。

posted by 畳掃除の達人 at 20:39 | 畳のお手入れ(メンテナンス)方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。