スポンサードリンク
TOP たたみについて >畳のサイズにはこれだけあります

畳のサイズにはこれだけあります


といっても、地方により大きさ、サイズがずいぶん異なるようです。

畳のサイズは、代表的なものでも大きく分けて4種類。

地域ごと規格も入れるとかなりの数が存在すると言われます。


大きなサイズの畳と小さなサイズの畳では、同じ(表記の)8帖を作っても1坪弱の大きさの開きが出るほどです。

一般によく知られているものの畳のサイズは大きいほうから、「京間(本間)」サイズ、「中京間(三六間)」サイズ、「江戸間(五八間、田舎間なども同じ)」サイズ、「団地間」の順です。


畳一畳の基本サイズは、3尺(910mm)×6尺(1820mm)で、これは中京間(ちゅうきょうま)または、三六間(さぶろくま)と呼ばれている畳になります。

本間間では、955ミリ×1,915ミリという大きさがあり、江戸間(関東間)では880_×1,760_、団地間(公団サイズ)に至っては850mm×1,700mmしかない。

そのため、同じ八畳でもずいぶんと部屋の広さが変わってしまうんですね。


京間は、関西から中国四国地方、九州で見られますし、基本サイズの三六間は、名古屋や岐阜、福島、山形、岩手や北陸地方などで見ることが出来、江戸間はその名の通り関東や東北、北海道など東日本の大部分を占めるようです。



posted by 畳掃除の達人 at 20:54 | たたみについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。