スポンサードリンク
TOP 掃除(そうじ)方法 >畳ベッドを長く使うために

畳ベッドを長く使うために


自分事ですが、あるときベッドのクッションの硬さが柔らかすぎることが腰痛の原因になっているのでは?と感じ始めました。

いろいろ見てみるのですが良く分からない部分が多く困ったので、ふとベッドを購入したところへ相談してみました。

すると、体重とマットレスのスプリングのバランスが合っていなくて、自分には柔らか過ぎるのだろうということでした。

お店からは、硬いスプリングのマットレスを試してみては?と提案があり、なんと「お試し」までさせていただいたのですが、やはり現状のフローリングの上に5センチのウレタンマットレス+布団敷きの寝心地にはかなわなかったんです。

そこで、畳ベッドにしてみたいと言うと、「今のベッドフレームを生かしてみては?」とのこと。

現状のものはベッドマットレスをはずすと、”すのこ”が乗っているタイプです。

簀(すのこ)タイプは、下に収納が入っているベッドより通気性が良いそうなので、をそのまま乗せても問題ないとか。

強度的にも問題ないそうで、一瞬考えましたが高さがずいぶん違ってくるのと、長さももう少し欲しかったので、今は思案中です。

いずれにせよ畳ベッドでは毎日の布団の上げ下ろしが必須(カビなどの対策のため)なので、大変ですね。


今は技術が進歩して、水ぶき出来る化学畳もあるので、そういうのを畳ベッドに採用してみるのも良いかもしれません。

posted by 畳掃除の達人 at 20:48 | 掃除(そうじ)方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。