スポンサードリンク
TOP たたみについて >置き畳でフローリングの部屋を和風に変えてみよう

置き畳でフローリングの部屋を和風に変えてみよう


最近の住宅はフローリングが中心で、中にはのある部屋が無い!というお宅もあると思います。

でも、畳の部屋ってなぜか落ち着きますよね?

マンション、特に賃貸などでの総フローリング物件では、畳の部屋は欲しくても勝手に改装することもできないので、願いもかないません。

部屋の一部だけでも畳の床があればいいなぁ、と思ったことないですか


そういうときに手軽に和室感覚が得られる置き畳は便利です。

置き畳(またはユニット畳とも呼ばれることがあるようです)はフローリング間の上に敷くだけで簡単に温もりの和風空間を創出できる畳マットです。


ユニット畳(置き畳)は、フローリングの上に置くだけで、いつでもどこでも手軽に畳の上でくつろぐ心地よさが簡単に手に入れられます。


置き畳(畳マット)には様々な商品がありますが、半畳ほどのものが丁度良いのではないでしょうか?

半畳のものは一畳物と比べても、大きさもそうですが、重さ、重量も単純計算で半分です。

あまり軽いと滑らないか心配ですが、そこまでではないようですよ。

何と言っても半畳の畳マットは取り回しの面で楽ちんです。

定番もので三千円から¥5,000円程度と価格もびっくりするほど高くないですね。

3畳のたたみ空間を作り出すのに、2万円弱程度からと一般的なカーペット程度です。

posted by 畳掃除の達人 at 20:08 | たたみについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。